トップページ > 金貨とは

金貨とはabout Gold Coin

金貨とはどんなものなのでしょうか

金貨とは、素材を金として作られた貨幣のことを意味しています。本物のお金として人々に使わ れてきた歴史があり、銀貨・銅貨とともに、古くから世界各地で流通しました。

歴史を紐解くと、金貨の出始めは古代ローマにさかのぼるようです。ですが、純金の金貨は硬さに欠けるため、他に銀などが混入したものが実際に流通していたと考えられます。

また、リスクの高い金融商品などを購入する際には、必ず金貨などの現物も同時に購入するなどして、資産を守るために使われてきました。

子供へ残す資産としての金貨

子ども達にまとまった資産を残してあげたいと考えている方は、金貨を購入してはいかがでしょうか。 現金や土地、建物などを相続するためには相続税を払わなくてはいけません。しかし金貨はどれだけ保有していても税がかかりません。

また、金貨であれば親族に細かく分配する事ができるため、争いを避けるのにも有効です。土地や建物の場合、売りたいと思っても、すぐに買い手が見つかるか分かりません。しかし金貨は売却も簡単で、保管するにも場所を問いません。 金貨が良いのは、相場は基本的に変動が少ないことや、日本だけでなく世界でも価値がある物なので、もし日本が不況になって日本の通貨である「円」の価値が下がってしまうようなことがあったとしても、確実な資産として残す事ができるのです。

金貨

イーグル金貨は額面金額は本来の価値よりも低く設定されており、額面の数倍から数十倍の価値を持っています。コレクターが収集しているめずらしい金貨は、額面金額の数百倍から数千倍以上の価値をもっているものもあります。金貨は金の重量だけが価格決定の要素ではありません。

多くの金貨は、金本位制をバックアップするという目的もあり発行されました。金本位制の時代には、中央銀行は多くの金を実際に保有していました。

金は、他の金属などと比較しても、容易に輸送可能である貴重な貴金属です。銀・金は価値を壊すことなく、小さな単位に分割することもできます。また金や銀のインゴットは再度溶融することもできます。また、金は時間の経過とともに変色したり腐食したりしません。

ウィーン金貨のサイズ、重量 と額面

サイズ 直径 厚さ 重量 額面価格 鋳造年
1/25オンス 13.0ミリメートル 1.2441 g €4 2014年から
1/10オンス 16.0ミリメートル 1.2mm 3.121 g €10 ATS 200 1991年から
1/4オンス 22.0ミリメートル 1.2mm 7.776 g €25 ATS 500 1989年から
1/2オンス 28.0ミリメートル 1.6o 15.552 g €50 ATS 1,000 1994年から
1オンス 37.0ミリメートル 2.0mm 31.103 g €100 ATS 2,000 1989年から

ウィーン金貨 (ウィーンフィルハーモニー金貨) は、1989年10月10日に初めて製造されました。当初は、1 オンス金貨と、1/4オンス金貨 の2つのサイズのみで鋳造されました。1/10オンス金貨と1/2オンス金貨のサイズは、それぞれ1991年と1994年に追加されました。すべての金貨は同じデザインで、重量と額面のみが異なります。

金貨の収集

金貨の価格は、その希少性、年代、状態および鋳造数などで決定されます。コレクターがよく集めている非常にめずらしいダブルイーグル金貨があります。

ダブルイーグル金貨 ダブルイーグル金貨

ダブルイーグル金貨はとても貴重な珍らしいコインです。初期の1933年アメリカ造幣局で鋳造されたダブルイーグル金貨はほとんど残っていません。

自販機で金貨の購入について

自販機で金貨が購入できるようになったのは、日本では2011年1月からです。スペースインターナショナルが、企画・設置・運営まで一貫して行っています。紙幣価値の下落が危ぶまれる現在において、金貨の自動販売機は日本人にとって、とても重要な意味をもつものになるでしょう。

金貨の歴史

金貨は1526年から1930年くらいまでは、22金の金合金で製造されることが多かったと言われています。

現代の金貨の標準は、24金で最もよく使用されています。また、メイプルリーフ金貨の純度は、最大99.99%であり、オーストラリアでは、カンガルー金貨も作られました(最初に1986年に金採掘を開始して、金カンガルーは1989年に作られました)。金貨は太陰暦にも使用されました。米国では純度99.9%の金を使用して金貨を製造しています。

太古には貝殻・穀類・家畜・綿布などが貨幣として流通されており、その後金・銀などの貴金属が貨幣として流通されるようになりました。これらの金貨幣として流通されている範囲が拡大するにつれて、財貨としてではなく、貨幣の意味が増加しました。

最初は、このようにして生じた金・銀貨幣は、その純度と重量を一つ一つ秤量して流通したので、秤量貨幣としました。この秤量貨幣では流通に不便が多かったので、政府が金・銀貨幣をその品位と量に応じて、特定の値を表示した一定の形状に鋳造し、これを標準的な貨幣または本位貨幣として通用されるようにしました。コインの場合、その数の計算だけで簡単に流通が可能なので、この貨幣の出現に貨幣流通の新時代が開幕しました

金貨は、将来に必要な本当のお金であり、これから必ず必要となるものです。

金貨 購入ページへ 銀貨 購入ページへ

テレビ番組で紹介されました

「金銀の貯金箱」公式アプリ始めました
Google Play で手に入れよう
Copyright(C) Space International Inc. All Rights Reserved.